高校入試間近 入試の社会ここに注意!

高校入試の社会、地理はここに注意して学習しよう!
最頻出の問題を中心に教科書をしっかり読んで、「なぜ?」という興味を持ち問題を自作し復習をしていくことで、地理は理解しやすくなります。

地理編

地理の分野ではピーマン、なす、キュウリなどの促成栽培に関する記述問題が7県で出題されました。
レタスなどの抑制栽培を含めて最頻出問題です。

記述では出荷グラフの読み取りに絡むものが主流になっています。

条件設定が加わると正答率が下がりますので、グラフを正確に読み取ることとそれをわかりやすく文章で記述することを練習する必要があります。

どう学習するか?

地理は「なぜ?」といった視点を持ち興味を持って取り組めば楽しいものになりますので
「リアス式海岸ではなぜ、かきやわかめの養殖が盛んなのか?」
「北陸地方で伝統工芸品が作られるのはなぜか?」など、教科書を中心に質問を作り答えるように学習していけばかなり頭に入ります。
また、グローバル化に伴う記述問題も多く出題されています。
EU諸国、ASEAN諸国にかかわらず、アジア全体に関わることや、フェアトレード、ものカルチャーも頻出問題となっているため対策を欠かさず行いましょう。

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。
開成館アカデミー
所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1
℡   :0948-65-2969
受付時間:17:00~22:00
HP  http://www.kaiseikanac.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です