2020年度小学校教科書改訂のポイント

2020年小学校教科書改訂による英語と算数の追加内容と難しくなるところ

追加内容と難しくなるところ

英語 新しい教科書の特徴

単語と表現をまとめて学習し、各単元の新出単語がすべて必修でない

聞く、話すなどの活動が多く、英語に慣れ親しむ構成になっている

教科書に日本語があまり書かれていない

英語四技能のうち、「書くこと」は小学6年生に集中し、分量は多くない

同じような表現でも教科書によって使用する単語や学習タイミングが異なる

算数 新しい教科書の特徴

学習領域が再構成され、「データの活用」が新設されました。

「データの活用」の新設に伴い小学校6年生「代表値」では、平均値、中央値、最頻値を学ぶなど各学年で統計的な内容の充実が図られています。

算数の学習領域

旧 数と計算 量と測定 図形 数量関係

新 数と計算 図形   測定(小1~3)変化と関係(小4~6)  データの活用

「分数の乗除」が小学6年生に移動、「速さ」が小学5年生の「単位あたりの大きさ」に移動しました。

小学校3年生で「キロ、ミリの意味」各学年で面積や体積とあわせて単位換算を学習します。小学4年生では別の数量との関係を比べるのに「簡単な割合」を用いることを学習します。

算数の教科書ではプログラミング的思考を身につけるページが設定されています。
中にはすべての学年でプログラミングを扱っている教科書もあります。

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。
開成館アカデミー
所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1
℡   :0948-65-2969
受付時間:17:00~22:00
HP  http://www.kaiseikanac.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です