学習習慣の定着

「うちの子は勉強しないんです」「どう勉強していいかわからないみたいです」と悩んでいませんか?
「学習習慣」が身についていないお子さんが、それを習慣化するには、お子さん本人だけでなく、周りの大人が工夫することが必要です。

小学生のやる気を育てるには、個人個人に合わせた問題の質と必要な量を提供することが必要で、それによりやる気が引き出され、成績があがることで、自信を持たせることができ学習を習慣化させることができます。開成館アカデミーでは、勉強を教えるのでなく、その子の目標と今の学力を創業32年間の経験と過去のデータに照らし合わせて分析し、指導を行います。

また、ご家庭でも「しっかりほめる」ことが大切です。
開成館アカデミーでは、褒めて伸ばしながら自分でできるまで指導するので「勉強は楽しい」「わかる」と感じ学習習慣が定着します。

また、小学校の教科書に完全準拠した教材を使って指導を行いますので、小学校の授業がよくわかり、テストで高得点を取ることだけではなく、中学校に入学した後も活きる学力を身につけるために最適な教材を活用し、生徒の成績向上に力を入れます!

さらに、家庭での学習も可能なeラーニングシステムを導入しておりますので、映像授業を受講した後は、web確認テストで理解度をチェックします。
問題がシャッフルして出題されるので、中途半端な理解ではクリアできないテストシステムとなっています。生徒は何度も繰り返しテストにチャレンジするうちに確実な学力が身に着きます。空いた細切れ時間で手軽に学習を進められるのも特長です。『分かった気になっているけど、実は身についていない』こんな悩みにピッタリの学習システムです。

習い事との両立

学ぶこと以前に大切なことは、「何を目標に勉強するか」を決めることです。
人により目的は違っても構いません。

「算数で100点を取りたい」「毎日、机に向かえるようにする」など個人に合わせて計画を立て、「どうしたらできるか?」をご家庭で話し合います。

勉強と習い事を両立するには、目標を決めて無理のない計画を立てることが大事です。
開成館アカデミーでは、生徒が一人考えるのは難しい計画も講師と一緒に話しながら立てることができますので、ポイントがわかり実現しやすくなります。

また、eラーニングシステムを自宅学習で使うことができるので、塾の授業がない日でも、しっかりと学習する習慣がつきます。

苦手を作らない

小学生の学習で最も気をつけることは、苦手を作らないことです。
わからないまま放っておくと、その次の単元も分からなくなり勉強自体が苦痛になります。

小学生が自分から進んで勉強をしなくなる理由は、何から手をつけたら良いか分からない状態になり、勉強をしたくても手につかないことと、何を質問すれば良いか分からないからです。

また、その細かい原因はひとりひとり違います。

そのため、開成館アカデミーの講師たちは、「学習状況データ」をもとに、生徒一人ひとりに合った指導方法を実践しています。

これまでは家で勉強しているとき、分からない問題があれば塾で先生に質問するしか解決方法がなかったところ、eラーニングシステムを活用することで、自宅でも塾で教えてもらうのと同じ効果を得ることができます。

「学習状況データ」は、塾の授業内容・家庭学習内容の両方からなります。家庭学習に関しては、eラーニングシステムにより、お子さんが家庭でシステムに入れば、即座に塾のパソコンに反映され、学習内容が把握できます。

そのため、次回の授業でそれぞれの苦手ポイントを集中的に指導でき、苦手を作らないようにしていきことから成績アップへと導けます。

自分の苦手がわかり、どう対処すれば良いかを学び、自分のできることに自信を持った子どもは、自分から勉強を始めます。

学習でお困りのお子さん、また、目的を達成するために学習計画をしっかりと身につけたいお子さんは、開成館アカデミーにお任せください。