子どもの自己肯定感を高めるにはどうしたらいいか

自己肯定感が高いとどんな利点があるか

まず自己肯定感とは何か?というと「自分を自分で認めてあげること、

自分は価値があると人間だ思えること」です。

自己肯定感が高いと何にでも挑戦する気になるし、

失敗してもそれを経験として立ち直ることが出来ます。

自己肯定感はいつ生まれるか

自己肯定感は生まれつき持っているものではなく、性格で決まっているものではありません。

2~3歳頃に自我が芽生えた頃に、他人と自分の境界線が出来、自分を意識できるようになってから持てるようになり、少しずつ育っていきます。

その頃に親や周りの人間に「○○ちゃんはだめだね」と否定的な言葉をかけられると、自分はだめな人間だということを植え付けられてしまいます。

子どもの自己肯定感を育てるには

何でもかんでも褒めろというわけではありませんし、いけないことは「いけない」とちゃんと注意するのも大切ですが、子どもの人格を否定するような叱り方をすると子どもの自己肯定感は低くなります。

特に親にどう思われているかというのは、大きな要素です。

つまり子どもの自己肯定感をどう育てるかは親の言葉かけ次第です。
親子のコミュニケーションを意識した言葉かけをすることで、子どもの自己肯定感は育ちます。

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。
開成館アカデミー
所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1
℡   :0948-65-2969
受付時間:17:00~22:00
HP  https://www.kaiseikanac.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です