家庭学習 予習と復習の違いとやり方

勉強をする楽しみ

学習の楽しみは 今まで知らなかったことを知り わかることで ものに対して興味がわき世界観が変わって行くことだと思います。

「勉強が嫌い」だとか 「わからない」いう生徒は、学校での授業がわからなかったのにそのままにしてしまいもう何がわからないかがわからなくなり授業が面白くないので 嫌になり勉強自体が嫌いになっていったという経路があります。こうなると自分で勉強をしません。 怒られれば怒られるだけしなくなってしまいます。それは自分一人では何から始めたらいいのかわからないからです。

予習と復習の仕方

①授業の前日に 次の日の授業でやるだろうと思うところを予測します。  

②教科書を開き 読むというより目を通す感じで ページをめくってみます。

③「ここは大事かな」いう部分を推測します。

④その部分に 軽くアンダーラインを引いておきます。   教科書を習う前に書き込むのが嫌だとか間違っていたら嫌だと最初は思うかもしれません。   その場合は消せるペンで軽く線を引きます。→これが予習

⑤翌日学校の 授業で 先生が強く説明している部分は ポイントなので蛍光マーカーを   引きます。蛍光のマーカーも消せるのがあるようですね。便利です。  

⑥また アンダーラインを引いておいた部分を先生が大事なポイントとしてあげたら   自分でちゃんとポイントを絞れたということなのでライン下にGOODとメモします。   自分で自分を褒めましょう!俺って凄っ!みたいに・・・  

⑦よく理解できなかったところは授業後に先生を捕まえて質問しましょう。   →これが出来るか出来ないかが勝負の分かれ目!→ここは授業  

⑧帰宅後に 今日の授業が理解できたか今日学校で解いて問題を再度解いてみて   チェックします。

⑨納得できなかったら 次の日に職員室に行くなりして先生を捕まえ質問しましょう。   →ここまでが復習  

⑩同じパターンで繰り返しです。宿題は復習には入れません。 

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。

開成館アカデミー

所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1

℡   :0948-65-2969

受付時間: 17:00~22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です