新聞を読むことと受験との関係

入試は時事問題を出されることが多くあります。   時事問題が出される理由としては、教育改革の影響もあり社会に興味関心を持ってしっかり考え行動することを求められており、そのために新聞を読むことは有益であるということです。また、読む力をつける以外に要約をしたり自分の感想をまとめたり、いろいろな 使い方があります。

新聞を取らない家庭の増加

開成館アカデミーのアンケートでは、最近の傾向として新聞を購読しない家が   多く、大人も子ども新聞を読まずに、インターネットからの情報に頼っているようです。   インターネットで検索をすると記録が残り同じような内容の記事が表示されます。それは便利ではあるけれども、自分の検索履歴に準じたもののみの内容に知識が片寄る 可能性があります。新聞を読むと、いろいろな記事に触れることで視野が広がる利点があります。  

入試と新聞の利用

入試でも今は時事問題を出されることが多くあります。   時事問題が出される理由としては、教育改革の影響もあり社会に興味関心を持って   しっかり考え行動することを求められており、そのために新聞を読むことは有益であると   いうことです。また、読む力をつける以外に要約をしたり自分の感想をまとめたり、いろいろな   使い方があります。   とはいえ、新聞を購読すると毎日の新聞の束が出来てしまい場所を取るなど問題もあります。   新聞の購読が難しいのならば、図書館等を利用してはいかがでしょうか?  

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。

開成館アカデミー

所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1

℡   :0948-65-2969

受付時間:17:00~22:00

HP  https://www.kaiseikanac.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です