小中学生 読書をすれば国語の成績は上がるか?

中には、たくさん本を読んでいるのに、国語の成績がいまいちだという生徒もいます。   その理由として考えられることは、読むことがインプットなのに対し、書くというアウトプットの   習慣がないということです。

小中学生の読書について

子どもの国語の成績が振るわない場合、「本を読みなさい」と指導するお母さま方が   多いのではないでしょうか?   確かに読書は知識をインプットするには最適なので、読むにこしたことはありません。   活字中毒と言われるほど本を読む子どもは、これからの主流になる記述問題や   会話文・複数の資料から読み取る問題が、どの教科にも入ってくるので、どれだけ制度が   コロコロ変わっても対応する準備が出来るかと思います。

本を読むのに国語の成績が上がらない

中には、たくさん本を読んでいるのに、国語の成績がいまいちだという生徒もいます。   その理由として考えられることは、読むことがインプットなのに対し、書くというアウトプットの   習慣がないということです。

アウトプットに有効な学習法

アウトプットの習慣づけに有効なのは、新聞を利用することです。   新聞を読み、接続詞に印をつける。   記事と写真などの図版を照らし合わせて、両方に書いてあることに線を引く。   一段落ずつ分ける   これが習慣づけば、段落ごとに要約を出来るようになり、文の要約が出来るように   なります。継続して2週間~1ヶ月ほどやってみることをお勧めします。   

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。

開成館アカデミー

所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1

℡   :0948-65-2969

受付時間:月・水・金・土 14:00~22:00

       火・木      17:00~22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です