中学1年の学習法

小学校までの勉強とは違って、中間試験・期末試験が行われ5教科ともに内容が深く難しくなります。教科書が新しくなることにより、細部まで知識を定着させておかないと、中間試験・期末試験ではなかなか思うように点数はとれません。特に英語は要注意です。単語数がいきなり多くなるので、入学前に小学校の単語を復習しておきましょう。

開成館アカデミーでは、教科ごとに勉強の仕方を指導して、家庭学習が効率的にできるようにしています。さらに細かい学習アドバイスと徹底演習で、単なる知識の獲得だけではなく、実践的に問題が考察できる力を養っていきます。

中学2年の学習法

中学校生活にも慣れて、1年生の時の「勉強を頑張ろう!」と思っていた気持ちから部活動や友人関係へ気持ちが移りがちな時期です。
さらに英語・数学においては、これまで学習した内容がさらに深まり、応用力が求められる時期でもあり、中学での勉強の躓きを一番難しく感じる学年です。
保護者面談会では、お母さんお父さんと連携して生徒の精神面のサポートを重視していきます。勉強の面においては、次年度の入試準備を少しずつ始めることで勉強に対する前向きな姿勢を忘れさせないよう工夫しています。

中学3年の学習法

いよいよ、受験生になります。
志望校合格を勝ち取るためには、効率的な年間学習計画が大切になりますので、今後の入試への取り組みをサポートしていきます。
また、6月には「模試」を受験することで自分の位置を自覚させ、入試に対する意識を高めます。
通常の授業では、学校の授業内容に合わせて内申を上げるための勉強を、講習会では実戦的な問題解法力を高める勉強をします。7月の保護者面談会では志望校別個別アドバイスを、12月の保護者面談会では、志望校決定のためのアドバイスを行い最後まで受験生を全力でサポートしています。このように、一年を通してモチベーションを高く持続できる仕組みがあります。これにより、毎年高い合格実績を出すことに成功しています。