高校入試 数学の苦手な人へのわかりやすい対策法

福岡県高校入試の数学について

全国的に高校入試問題において、難問の定義が変化

今年度の入試の数学は計算量、手数が多い問題が多く、また状況整理し発展して考える問題へと変わっています。

また問題内容は2極化しており、半分が普通に解ける問題、半分が思考力を使う問題です。

高校入試数学の攻略には、小学校内容の定着(分数の割り算・速さ・割合・おうぎ形の弧の長さ・円錐の側面積など)ができていない場合、この半分が解けないので基礎基本の問題を落とさないことです。

ここが苦手な小学生は中学になるまでの、春休みまでに克服してください。


塾の春期講習では、期間が短い中で1年間の復習をしますので、講習としては最も大切なものです。
中学生にも同じことが言えます。
「期間が短いから」「部活があるから」と受講しないと復習が不十分なまま進級・進学することになります。

数学が苦手な中学生は小学校内容に戻って復習をしてもさほど時間が掛からないので戻った方が近道になるかもしれません。

高校入試数学の正答率

高校入試の数学の正答率の低い問題は、直近と遠い過去(反比例を使う問題、球の体積・投影図・相似・円周角)、つまり前に習って忘れている問題と習ってまもなくの演習不足の問題です。

このことからまんべんなく学習することが大事と言えます。

次期の指導要綱では、興味を持って内容を深掘りする力が求められています。

また、社会人になって困らないように、データ関連の問題が小学生におりて来ます(資料の整理、資料の散らばり)

さらに記述問題が増えていますが、計算に対し記述はミスが押さえられるので、対策次第で点数が取れます。

苦手な生徒が多い、一次関数も長文化していますので、読む問題に慣れましょう。

このような出題傾向に対して、当塾ではオリジナルの動画を生徒のそれぞれの学習レベル・志望校に合わせて日々編集しております。

オンラインの授業も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。

開成館アカデミー

所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1

℡   :0948-65-2969

受付時間:  17:00~22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です