子どもがやる気を出して勉強をはじめることば

「こどもがやる気がなくてどうしたらいいかわからない」
「何を言っても勉強しない」
「教えようとすると感情的になって怒ってしまう」
 そんな時親はどうすればいいかをお話します。

やる気のない子どもをどう扱えばいいか

「こどもがやる気がなくてどうしたらいいかわからない」
「何を言っても勉強しない」
「教えようとすると感情的になって怒ってしまう」

お母さんの悩みはつきませんね。

しかし、やる気のない子どもは存在するのでしょうか?

私は本来、やる気のない子はいないと思っています。

勉強に対して、やる気が見えないのなら何かしらのつまずきがあって、

どう対処していいかわからないだけだと思います。

自己肯定感を育てる

結論から言うと、子どもにやる気を出させる方法は、

「自信を持たせること」

「周りがそれを認めてあげること」

これ以外にはありません。

そのため、親はネガティブな言葉を掛けてはいけません。

また、人と比較したりしないこと。

その子の好きなものを認めて褒めることが大事です。

「やらないから」、「出来ないから」と怒ってもいい結果は出ません。

ポジティブに褒める言葉をたくさん掛けてあげてください。

賢く教えるお母さんでなく、子どもの話をよく聞いて何にでも興味を持って面白がることが

お母さんの態度がこどものやる気を育てます。

親は何をすればいいか

今からの社会に必要なのは、ただ成績がいい子より何かに突出した力を持った子です。

ですので、その子が光るものをいっしょに探すことを楽しんでください。

「褒めたら調子に乗ってしまうから、締めるところを締めないと」といわれる方がおられますが、

調子に乗って自分でどんどん動いてくれるなら、こんないいことはありません。

一つ褒めても一つけなしていたら元も子もありません。

ハッパをかけて自分で「なにくそ」と頑張れるのは、学習習慣のすでについた成績のいい子です。

今から成績をあげたい子は、人と自分を比較して自己肯定感を高く保てないものです。

まず自己肯定感をあげることで、やっとスタートラインに立てるのです。

また、子どもは「親の言うこと」でなく、「やっていること」を見ており真似したがります。

だから、お母さんが何かに没頭して勉強し、知識を深め何かしらの努力をしてください。

一生懸命に勉強して知識を得ている姿をみせることや、それが素晴らしく楽しいことだと身を以て教えてください。

そんな大人を間近にみていれば、やる気を持って行動することを子どもは自然に覚えます。

飯塚市・嘉麻市・桂川町の小中学生を対象にした進学塾です。
福岡市での出張教室もいたします。
開成館アカデミー
所在地:嘉穂郡桂川町土師3472-1
℡   :0948-65-2969
受付時間:17:00~22:00
HP  https://www.kaiseikanac.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です