福岡県公立高校入試補充募集実施計画

high scoool exam

資料:福岡県教育委員会

福岡県の公立高校に補充募集がでました

本日(2022年3月16日)福岡県教育委員会は、2022年度(令和4年度)公立高等学校入学者選抜における補充募集について発表しました。

全日制は、嘉穂や鞍手等30校(組合立含む)で、1,056人の補充募集を実施します。

補充募集を実施するのは、嘉穂(普通/コースを除く)27人、嘉穂(普通/武道・日本文化コース)6人、鞍手(普通/人間文科コース)12人、門司学園(普通)44人等、全日制の県立28校、組合立2校の計30校です。

進学校と呼ばれる学校からも補充募集がでていることは、大きな衝撃です。
また、補充募集定員の多さにも驚かされます。

補充募集においては、県内全域などの学区外の補充募集実施校にも出願でき 、「2022年度福岡県立高等学校入学者選抜の学力検査において、定められた検査教科を受検して不合格となった者」「学力検査の期日および内容が福岡県立高等学校入学者選抜と同一の県内市立高等学校の入学者選抜で不合格となった者」が受験できます。

ただし、同一校の同一課程における同一学科、同一コースまたは同一系(第2志望以下の志望学科・コース・系を含む)の再受検は認められません。

県立全日制の補充募集では志願者全員に面接を行い、必要に応じて作文を行います。

出願期間は3月17日から22日正午までで、面接・作文は3月23日に実施、3月25日午前9時に志願先の高等学校で合格発表が実施されます。